スタッフブログ

歯科医院がコンビニより多いという話の真実?


こんにちは。

厚別ウエスト歯科、院長の阿部一博です。

 

我が国では、「歯科医院はコンビニより多い」という話をみなさんは聞いたことはないでしょうか?

様々なテレビや雑誌で報じられていますが、実際、日本の「歯科診療所」の数は68940(2016年10月時点 厚生労働省調べ)、コンビニの数は55465店舗(2018年4月時点 日本フランチャイズチェーン協会調べ)と、確かにコンビニよりも歯科医院は多いようです。

qk_dent01

では、日本の歯医者は外国と比べて多いのでしょうか?

OECD(経済協力開発機構)の調査によると、日本の歯科医数は人口1000人あたり0.81人ですが、ドイツでは同0.89人、米国では0.6人だそうで、他の先進諸国と比べても特段多いわけではなさそうです。

 

そして、定期検診の受診率は海外の方が日本よりも高いと言われており、これらのことから言えるのは、日本で歯科医師過剰というよりは日本人は外国と比べて歯医者に通っていない、ということです。

 

定期的に通ってむし歯や歯周病といったお口のトラブルを未然に防ぐ、早期に発見して治療する、といったことはお口の健康を維持・増進するために最も重要なことです。

最近歯医者に通っていないなぁ、という方は一度検診を受けてみることを強くおすすめします!

院長 阿部 一博