スタッフブログ

あなたのお口、マウスピースが必要かもしれません


こんにちは!厚別ウエスト歯科院長の阿部一博です。

 

皆さんの中で歯ぎしりや食いしばりをするという方はいますか?

現代はストレス社会。増加するストレスの影響で、歯ぎしりや食いしばりをする方が多くなっています。

しかも、本人がそのことに気づいていないケースがかなり多いのです。

 

では、なぜ歯ぎしりや食いしばりはいけないのでしょうか。

正常な場合、上と下の歯が接触している時間は15〜20分程度と言われていますが、歯ぎしりや食いしばりがあると接触時間が数十倍にもなることがあります。そうなると、歯やあごに過度な力がかかり、様々な以上が引き起こされます。

 

悪影響①「顎関節」

歯ぎしりや食いしばりによって顎に過度な負担がかかると、顎関節症が誘発されることもあります。

「あごがだるい」「あごがカクカク鳴る」「口を開けにくい」などの症状がある方は要注意です。

 

悪影響②「筋肉の痛み」

顎関節症とも関連することもありますが、歯ぎしりや食いしばりは口の周りの筋肉を過剰に緊張させます。

「朝起きると頭が痛い」「肩や首がこる」「顔や頭の筋肉が痛い」といった方は要注意です。

 

悪影響③「知覚過敏・歯のヒビ・破折」

歯に過度な力がかかると、ヒビが入ったり、割れたり、しみやすくなったりします。特に多いのが、冷たい水や歯ブラシの刺激でしみる症状が出る「知覚過敏」と言われるものです。

知覚過敏も噛み癖が原因で起こることがありますので、「歯がしみやすい」、「最近しみるようになった」という方は注意が必要です。

 

歯ぎしりや食いしばりがある方は、マウスピースによる治療を行うことが多いです。歯を削らないので歯に優しく、夜寝るときにつけるだけと使用はとても簡単です。

DSC_0043

上に挙げたような症状が気になる方は、まず一度相談してみて下さい。

院長 阿部 一博