スタッフブログ

えっ!歯磨きで感染症が予防できる!?


こんにちは、経営本部のおいかわです

 

口の中を清潔にすると感染症予防になるという話を耳にしたことはありませんか?

 

お口の中にいる細菌(特に歯周病菌)は、粘膜のバリア成分を破壊する物質を出して、

ウイルスが人の細胞に取り付き易い環境を作り出します。

その結果、ウイルスに感染しやすくなってしまいます。

 

実際に、口腔ケアが行き届いてる人とそうでない人では、

インフルエンザに罹る割合が10倍の差があるとの研究発表もあります。

 

口の中には、300~700種類の細菌がいるとされ、

ケアが行き届いている人で1000~2000億個

そうではな人では4000~6000億個

ひどい場合は1兆個も存在していると言われています。

 

数字が大きすぎてあまりピンと来ないですね。。

ただ、単純に比較しても

口の中が清潔な人とそうでない人の差が10倍もあるので、

やはり口の中を清潔にするのは大切なんだなと感じます。

 

この研究はインフルエンザに関してのことなのですが、

新型コロナウイルスも、人の細胞に取り付く役目をする「エンベロープ」という膜を持っているウイルスなので、

口の中を清潔にすることで、その確率は減らなのかな?と期待してしまいます。

 

baikin_komatta

事務 おいかわ