スタッフブログ

入れ歯の噛み合わせについて


みなさんこんにちは、いのうえです。

前回の私のブログでは入れ歯の型取りについて書かせていただきました。

今日は型取りの次の噛み合わせの確認について書いてみますね。

型取りを経てできた模型上で歯科技工士さんによって『咬合床』というものが作られてきます。

dentureImg023

歯科医師はこの『咬合床』を患者様のお口に入れ、

噛み合わせの高さだけでなく、上あごに対する下あごの前後・左右的な位置や唇を支える張り具合などを決定していきます。

特に総入れ歯の方は、ご自身でも元々の噛み合わせの位置が不明確になってしまっているので、

この作業は入れ歯の形や噛み合わせを左右する最も重要な工程といえます。

咬合床の赤色をした歯や歯ぐきの代わりをなす部分は、「ワックス」という材料でできており、

熱を加えることによって低くしたり盛り足したりが自在にできます。

患者さんの顔を計測したり日本人の顎の高さの平均値などを用い、高さなど調整していきます。

以上の作業を『咬合採得』といいます。

『咬合』=噛み合わせ、『採得』=確認と記録、といった感じでしょうか。

この咬合採得により、歯を失ってしまった人でも元どおりの噛み合わせを再現することができるのですね♫

ha_ireba_character

訪問コーディネーター いのうえ