スタッフブログ

唾液の驚くべきチカラ!!!


皆さん、こんにちは!歯科衛生士のあさのです。

明日は良い歯(418)の日です。みなさんの歯は良い歯ですか??

今日は良い歯を作るために欠かせない、良い唾液の話をしたいと思います

良い唾液って果たしてなんでしょうか?

唾液はみんな同じじゃないの?実は唾液の性質はひとそれぞれ違います。

虫歯になりやすいひと、なりにくいひとの違いは唾液の違いも一つの要因かもしれません。

またネバネバした唾液、サラサラした唾液。このように同じ唾液でも粘液性が変わります。

この二つの唾液には役割や出るタイミングに違いがあります。

サラサラの唾液→主に耳下腺から分泌されます。副交感神経によってコントロールされているため、リラックス状態の時に分泌されやすいのが特徴です。口の中を洗い流して清潔に保つ自浄作用や、唾液中に消化酵素が多く含まれているので消化吸収を助けます。

ネバネバの唾液→舌下腺から多く分泌されます。交感神経によってコントロールされているため、緊張している時やイライラしている時に分泌されやすくなります。粘液が傷つくのを防いだり、粘膜の保湿したり、細菌を絡め取って体内への侵入を防いだりする大切な役割があります。

さらに唾液には、歯の再石灰化を促す作用もあります。

良い歯を保つためには、良い唾液にもぜひ注目して欲しいところです

4673407_s

健康な成人の場合、1日に1~1.5Lほど唾液が分泌されています。唾液の分泌は、食べ物を見たり食べたりするなどの刺激を受けて増えますが、刺激がなくても覚醒時(目が覚めている間)には常に少量分泌されています。

唾液の分泌不足によって、自浄作用が働かず、口臭や口内痛の原因になったり、
虫歯や歯周病などにかかりやすくなる場合もあります。食べ物が喉を通りづらくなることもあり、食事を楽しめなくなることもあるので、もし唾液が少ないなあと感じたら歯科医院で相談してみてくださいね

歯科衛生士 あさの