スタッフブログ

子どものお口を守る


みなさん、こんにちは。

厚別ウエスト歯科です。

 

サッカー日本代表が、ワールドカップ出場決定しましたね!

おめでたいです♪

日本代表がもっともっと強くなるのを願いながら、これからも応援していきます!!

 

さて本日は子どもに焦点を当ててみたいと思います。

 

ha_hanarabi_good_boy

お子さんのお口を守る上では、

『歯みがきをしっかり行う』『甘いものや間食を控える』

といったこともありますが

何よりも子どものお口を守るためには、

両親の口腔内の改善もとっても必要です。

 

赤ちゃんはむし歯菌を持っていないため、

むし歯になる原因のむし歯菌ってどこから来るのかとなると、

大半が両親の口腔状態に影響を受けます!

 

口うつしや両親が使用した食器を活用してと

知らず知らずに子どものお口の中を両親の菌が原因で蝕まれてしまうのです、、、、、

とっても怖いですよね。

 

そして、妊娠中はホルモンバランスの変化から、

むし歯や歯周病が発症しやすくなることもあるので、

出産前からお父さんとお母さん、どちらも口腔環境改善が必要になります。

 

baby_dakko_mother

それでは、実際の子どもに対しての予防は何かを考えると

やはり1番は『歯みがき』となりますが、

磨き残しがあると、歯石がたまりむし歯になる原因になってしまいます。

 

ただ、歯みがきを嫌がる子もたくさんおります。

実は、私の子どもも歯みがきを嫌がります、、、、、

 

そんな時、最初にやりがちなのが、

『両手両足を押さえて、無理やり歯を磨かせる』

そんな行動をとってしまっている方もいるのではないかと思います。

 

ただ、上記のようなことが慢性化すると、

保育園で他の子を叩いたり、物をぶつけたりと、

問題行動が増えてくるケースもあると言われています。

 

嫌がるお子さんを抑えてまで本当にやる必要があるのか

そこは考えてみる必要がありますよね。

 

hamigaki_boy

私の家でも子どもとゲーム感覚で歯みがきをする習慣をつけてから、

『嫌がる』よりも『自ら率先して口を開ける』と変わってきております。

 

歯みがきの目的を達成するために、子どもがどのようにすれば興味が湧くか、

よくあるのは歌を歌いながらや、大人の歯を実際に子どもに磨いてもらうなど

色々チャレンジの仕方はあると思います。

ただ、こんなことや成功体験なども実はなかなか周りの人が教えてくれないんですよね、、、、、

 

歯みがき以外の予防としては、

歯医者さんにてフッ素を塗ってもらうことで予防になると聞いたことがあると思います。

ただ意外と知らないのが、いつからどのくらいの頻度で行けばいいの?と

思うお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

*始めるのは歯が生えてきたら塗ることはできる

*期間は6ヶ月毎が目安

 

わからないことをネットで調べたりすることが最近皆さんも多いですが、

正しくない情報をとってしまう場合もございます。

 

間違ってお子さんの歯がボロボロになる前に、

歯医者さんに相談することで、大切なお子さんの歯を守ることができます。

ぜひご相談くださいね。