スタッフブログ

歯の神経ってどんな役割があるの?


こんにちは

経営本部のおいかわです

 

みなさん、年末年始はいかがでしたでしたか?

中には急に歯が痛み出して治療をしたという方も……?

 

むし歯が深くまで進行してしまって、

やむを得ず「神経を抜いた」方もいらっしゃるかもしれません。

「神経を抜く」と歯の痛みは感じなくなりますが、実はむし歯にはなりますので、

ハミガキが大事なことに変わりありません。

 

どちらかというと、神経があったことで、「冷たい物」「熱い物」がしみたり、

時には「痛み」としてむし歯になったことが分かったのですが、

その「お知らせ」がないので、知らない所でむし歯が進行していることが少なくありません。

ひどい場合は歯を抜かなければならない状態になっていることも……。

 

また神経は、むし歯が出来るとその進行を防ぐため、

象牙質の内側に壁を作り、むし歯が神経まで届かないように防御する役割もあります。

 

 

そしてもう一つ大事な役割に、歯に栄養を運ぶことがあります

神経を抜くとその栄養が届かなくなりますので、色が黒く変ってしまったり、

もろくなって、固い物を噛んだら、ある日突然歯が折れてしまうなんてことも……。

 

 

ご自身では、口の中は暗くて見づらいし、見えない所はいっぱいあるし、

むし歯になっているかどうか分からないですよね。

気になった方は、どうぞお気軽にご連絡ください。

 

 

b94

事務 おいかわ