スタッフブログ

歯周病の人は認知症になりやすい?!


いつも厚別ウエスト歯科のブログを見てくださりありがとうございます!!

今日は歯周病と認知症についてです。

全く関係なさそうな、歯茎の病気と脳の病気。
実は密接な関係があることがわかってきました。

4145274_s

歯周病は、「国民の7割が罹患している」とも言われる病気です。
口の中で常に炎症が続いている状態を指し、全身の健康までも蝕みます。
毒性物質が歯ぐきの血管から全身にめぐり、血糖値を下げるインスリンの働きを悪くさせ糖尿病を悪化させたり、早産・低体重児出産・肥満・血管の動脈硬化の原因になったりします。

ここ最近では「認知症」にも歯周病菌が関与していることがわかってきました。
すべての認知症の中でも約70%を占めるアルツハイマー型認知症は、脳に「アミロイドβ」というたんぱく質が蓄積されることによって発症するとされています。
このアミロイドβというたんぱく質が蓄積すると、脳の情報伝達が悪くなり、脳の機能が低下します。
認知症のリスクは軽減させるためにはアミロイドβの蓄積を防がなくてはいけませんが、なんと歯周病菌がアミロイドβの生成・蓄積を促進させることがわかりました。

 

自覚症状が少ないと言われている歯周病。
認知症を始め、他全身的な病気の発症を防ぐためにも、歯周病の管理は大変重要です。

お口の健康は、実は体の健康につながっています。
もし今お口のことで困っていないとしても、病気の予防のために歯科医院で歯周病のチェックをして見てはいかがでしょうか。