スタッフブログ

義歯と食事


こんにちは!厚別ウエスト歯科 助手兼管理栄養士のさいとうです。

今回は義歯と食事についてお話したいと思います。

 

口の中は以外にも変化しやすく、

ぴったりあってる義歯でも半年位経ってくると

どこか合わなくなってくることが少なくありません。

合わない義歯では噛む力も弱くなってしまいます。

これは、食べるものや食べ方に大きな影響を与えてしまうんです。

噛む力が弱ると、軟らかいもの(ごはんなどの穀類、菓子)を食べることが増え、糖質の割合が増えてしまいます。

逆に良く噛んで食べるような魚肉や野菜類は食べにくくなるため、たんぱく質や食物繊維、ビタミン、ミネラルが不足しやすくなります。

このように糖質の多い食事によるカロリーオーバーや、たんぱく質不足による低栄養など様々な問題につながっていくことが考えられます。

定期的なメンテナンスを行い、ご自身に合った義歯を使用することで解決する問題が多いですが、何か食事について質問や相談事がございましたらお気軽にお声掛けください。

 

 

歯科助手 さいとう