スタッフブログ

老化と歯周病の関係


皆様こんにちは!厚別ウエスト歯科院長の阿部一博です

 

歯周病(歯槽膿漏)について、皆様はどれくらいご存知でしょうか?

歯がグラグラする、歯茎から血が出る…など、何となくイメージはお持ちかもしれませんが、詳しくはご存知ない方が多いのではないでしょうか。

 

近年は健康志向が進んで、TVなどのメディアで健康について取り上げられることが多いですが、歯科領域のことについてはまだまだ周知が足りないのが現状です。

なお、日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病で、成人の約8割が歯周病にかかっていると言われています。

図13-286x300

 

ここ最近、歯科で注目されている言葉として「オーラルフレイル」というものがあります。

「フレイル」とは、心身機能が低下し生活機能が障害されていることを指します。

つまり、「オーラルフレイル」とは、口の中の機能が低下することによって心身の衰えにつながる、という概念です。

 

現に歯周病単体でみても、歯周病によって歯がグラついたり抜けたりすることで食べ物を噛みにくくなり、栄養不良を招き筋力・運動能力の低下につながったり、胃腸障害になったり、脳への血流が低下して神経・精神系の症状が出たり、噛み合わせが悪くなって全身の筋肉・骨の痛みにつながったりする可能性もあります。

 

さらに、歯周病は、心臓疾患、脳血管疾患、誤嚥性肺炎、糖尿病、骨粗鬆症、肥満などとの関係についても報告が数多くあります。

これらの多くは命にも関わりがあるもので、全て患者数が多いものです。

 

 

歯周病はもはや生活習慣病であると言っても過言ではありません。

多くは20代のうちに感染すると言われていますので、まだまだ若いから安心と思っていてはいけません

早めのチェックとケアで生活習慣を改善し、予防と進行防止を心がけましょう!

院長 阿部 一博