スタッフブログ

虫歯はないのに歯が痛む~それって歯ぎしりのせいかも


こんにちは!厚別ウエスト歯科院長の阿部一博です

 

寒い日々が続いていますが、皆様体調は崩されていませんか?

 

冷たい風に当たると歯がしみる!でも、虫歯はなさそう…

歯医者さんでも虫歯はないと言われたのに、なぜ…?

 

そんな経験はないですか?

 

最近テレビやCMでもよく耳にする、「知覚過敏」かもしれませんよ。

 

「知覚過敏」の原因は主に

①歯周病の進行

②歯ぎしりや噛みしめ

のふたつがあります。

 

今回は②の話をしようと思います。

歯ぎしりや噛みしめの癖は自分ではなかなか気づきにくいです。

そういった癖がない場合、上下の歯が接触しているのは一日およそ15~20分程度と言われています。

したがって、無意識に上下の歯を合わせている癖がある方は何十倍もの力は歯にかかっているおそれがあります。

 

それにより、歯にヒビが入ったり、すり減ったり、または歯茎が痩せたりすることで、しみる症状が出てきます。

さらに、歯が割れる、あごがだるい、肩が凝る、頭が痛いなどの症状が出てくることもあります。

 

歯ぎしりや噛みしめはストレスに起因することも多く、現代社会で増えてきている、まさに「現代病」です。

寝ているときの歯ぎしりや噛みしめによる歯や顎、筋肉などへの悪影響は、マウスピースで防ぐことができます。

DSC_0043

「もしかしたら、歯ぎしりや噛みしめをしているのかも…」

「歯がしみる、噛むと痛い、けど虫歯はなさそう…」

 

そういった心当たりがある方は一度ご相談下さい。

マウスピースを含めた最適な治療法を提案いたしますので、気になる方は厚別ウエスト歯科まで

院長 阿部 一博