スタッフブログ

見た目だけじゃない!


こんにちは!厚別ウエスト歯科院長の阿部一博です。

 

最近はメディアでもセラミック製のかぶせものや詰め物が紹介される機会が増えており、保険外の治療を希望される患者様が多くなっています。

 

ここで突然ですが、問題です。

「セラミックの歯って、保険の歯と何が違うんでしょう?」

 

―見た目が良い?

 

確かにそうかもしれません。

前歯に適応される保険の歯と比べるとセラミックの歯は、歯本来の透明感や色調が再現しやすいですし、

奥歯では保険だと原則金属しか選択できないので、セラミックの歯に対しそういうイメージを持っている方が多いのでしょう。

whiteimg61-4

 

しかし、イチオシは何と言っても、「汚れがつきにくい」という特徴なんです。

 

保険治療で使用される金属やレジン(樹脂)は、静電気を帯びやすく汚れを吸着してしまう性質があるのです。

一方、セラミックには汚れがほとんど付かず、お手入れがしやすいという最大の特徴があります。

 

「汚れがつきにくい」ということは、むし歯や歯周病になりにくいということになりますので、昔からむし歯になりやすいといった方や歯周病が気になるといった方にはまさにうってつけの素材なんです。

 

確かに保険がきかない治療ではありますが、むし歯や歯周病になって何度も治療するよりは費用や手間がかかりません。

 

厚別ウエスト歯科ではセラミックによる治療をおすすめしておりますので、わからないことや素朴な疑問等あれば是非一度ご相談下さい。

歯科医師 阿部 一博