スタッフブログ

【親知らず】なぜ抜く必要があるの?


【親知らず】なぜ抜く必要がある?

 

 

厚別ウエスト歯科 歯科医師のやはたです。

僕は歯科医師国家資格取得後、6年間大学病院や市中の歯科口腔外科の病院にて勤務してきました。

2018年には日本口腔外科学会の認定医の資格も取得しました。

 

前回の記事では、「口腔外科とは何か?」という記事を書きました。

→【口腔外科とは?口腔外科と歯医者の違い

 

 

今回は、口腔外科でも最も手術件数の多い「親知らずの抜歯」について解説します。

 

親知らずはなぜ抜かないと駄目なの?

という質問をよくされます。

 

親知らずを抜く理由は

①親知らず自体が虫歯になる

②親知らずの周りの歯肉が腫れて痛む

③親知らずの隣の歯が虫歯になる

以上の3つが大きな理由です。

 

この記事では、親知らずを抜く必要がある理由について解説します。

 

teeth-character030

=親知らずを抜く理由①=

親知らず自体が虫歯になる

 

親知らずの正式名称は「第三大臼歯」と呼ばれます。

ご存知の通り、一番奥に生えている歯ですので、歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすい歯です。

 

歯ブラシが届きにくくので、汚れが溜まりやすく、虫歯になやすいのですが、一番奥に生えているため見えにくいのが特徴です。

 

見えないため、虫歯になっている自覚もしにくく、気づいた時には神経まで虫歯になっている。。

そのために強烈に痛くなることがあります。

 

虫歯だけを治療して、親知らずを残しても、磨きにくいことは変わらないのでまた虫歯になります。

であれば、痛くなる前に抜いた方が良いということになりますよね。

 

=親知らずを抜く理由②=

親知らずの周りの歯肉が腫れて痛む

 

磨きにくいことで虫歯だけでなく、歯周炎を起こすこともあります。

 

引用:https://straumannpartners.jp/medical/trivia/pericoronitis-wisdom/

引用:https://straumannpartners.jp/medical/trivia/pericoronitis-wisdom/

 

歯茎が炎症を起こすと、じんじんとする様な痛みを起こしたり、放置すると膿が出るようになります。

 

埋まっている親知らずでは、親知らずと歯茎の間に細菌が入り込むので、歯ブラシでは掃除しきれません。

 

抜歯して、細菌が溜まるスペースを無くすことでしか治療はできないのです。

 

=親知らずを抜く理由③=

親知らずの隣の歯が虫歯になる

 

親知らずを残しておくと、親知らずだけでなく隣の歯にも影響を及ばすことがあります。

親知らずがあると、親知らずと手前の歯の間の磨き残しが多くなります。

 

そうなると、手前の歯が虫歯になる確率も高くなります。

 

親知らずを残しておいたばっかりに、前の歯が虫歯になって削る必要が出てくるのです。

 

こうした症例は珍しくなく、日常的に親知らずが原因で虫歯治療をしています。

 

=まとめ│親知らずを抜く理由=

 

以上のように、親知らずの抜歯をせずに放置しておくと様々なデメリットがあります。

 

親知らずの抜歯を後回しにしてしまったがために、痛い思いをする方が後を絶ちません。

 

自分の親知らず大丈夫?と思った方はお気軽に問い合わせ下さい(^^)

 

 

***************

 

 

YouTubeはじめました!!

歯に関する疑問や治療についてご説明します。

是非こちらからご覧ください。

ただいま準備中です。