スタッフブログ

銀歯のデメリット


こんにちは、受付のたかはしです。

 

深い虫歯になると保険治療だと銀歯になりますよね。

 

銀歯はプラーク(虫歯の元)を寄せ付けるそうです。

 

そのため10年程すると銀歯の中で虫歯になることが多いです。

 

銀歯はレントゲンを撮っても白く写ってしまうので、

 

銀歯の中で虫歯になっていたとしても外から確認することは難しいです。

 

ですので、銀歯が取れて虫歯になっているのがわかる場合が多々あります。

 

虫歯が進行してしまっていることが多いので、歯を失うリスクが高いです。

 

歯が無くなった場合、ブリッジ・入れ歯やインプラントなどの治療方法があります。

 

当院では、保険治療をはじめ、自費の多種多様な治療法に対応できます。

 

今銀歯の方も治療中の方も歯を大切に長く使って頂きたいので是非先生に相談してみてください。


12B66D4F-13E9-47E2-88EE-E31408693C88

 

 

歯科助手 たかはし